各SBF活動は、新型コロナウイルスの状況を鑑みつつ、次回開催の日程を決定させていただきます。

2008.7.26|上海歴史探訪 第二回 「宋家三姉妹の跡を訊ねる」

NO IMAGE

開催概要

日時 7月26日(土) 13:30~18:00
テーマ 上海歴史探訪 第二回 「宋家三姉妹の跡を訊ねる」
講師 プライムインターナショナル ジャパン 島根 慶一様
出席 33名(SBF会員15名・その他一般客18名)

趣旨・概要

上海歴史探訪 第二回 「宋家三姉妹の跡を訊ねる」

中国の近代史を語る上で、宋三姉妹抜きには語れない。

このことは、日本のテレビや映画で何回も取り上げられ、広く知れ渡っていることであるが、改めてその歴史遺産を見る人は意外に少ない。これは、上海人でさえもそうである。

私自身も、上海・蘇州に8年間も住みながら今回見学した遺産のうち3箇所しか見ていなかった。

それだけに、期待は大きいものがあったが、期待どおり島根慶一さんの軽妙な語り口で、近代史の一片を、系統だった解説をいただきながら見せていただいた。

発展・変化の著しい上海であるが、そのホンの少し前はこうだったのか、またその歴史の一端を日本が背負っていたのだと、今更ながら思い出させてくれた半日であった。

宋耀如(嘉樹)がキリスト教宣教師として帰国したことから始まる宋家の歴史は、靄齢、慶齢、美齢の三姉妹が各々伴侶を得て独自の道を辿り、中国近代史、ひいては東洋史全体の流れに大きな影響を与えた。13歳で米国留学し、帰国して大財閥の御曹司、孔祥煕と結婚。夫は後に国民政府財務部長(財政相)となった靄齢。14歳で同じく米国留学、革命家孫文と結婚、孫文亡き後も夫の意思を継いで中国革命に殉じた慶齢。10歳で米国留学、得意な語学で蒋介石を助け、台湾の運命を作った美齢。各々は上海で生まれ、上海に多くの足跡を残している。第一回:ユダヤ人の遺産に続き、第二回として、宋家三姉妹の生涯を辿り、近代史の中で三姉妹が果たした歴史的な役割と、彼女たちを生んだ上海に残る足跡を振り返ってみた。

詳しくはSBFホームページ「お役立ちコーナー」の上海歴史探訪「宋家三姉妹の跡を訊ねる」をご参照下さい。

訪問箇所

孫中山故居(現・孫文記念館)、香山路7号

1915年秋日本で結婚した孫文と宋慶齢は、翌年帰国すると南昌路59号に住んだ。そこはいま科学会堂新館が建っている。1918年カナダの華僑が孫文夫妻に新しい住宅を贈ったことからから、香山路7号に移ってきた。1925年孫文は北京で病死したが、宋慶齢は1937年までずっとここに住み続けた。いまは孫文の政治活動を示す記念館となっている。

その後慶齢は香港に移り、保衛中国同盟を組織して、中国共産党に対する国際的支援を求めた。

記念館の横の建物は旧居であるが、時間の関係で省略、後日各自ごゆっくりとどうぞというわけである。門前の孫文像前で記念写真撮影。

旧孔祥熙邸(現・中国茶芸館)、永嘉路383、385号

孔子75代の子孫、山西省財閥の御曹司。米国エール大学卒業後、一時東京の華僑YMCA総幹事をしていた時、孫文の辛亥革命が袁世凱により乗っ取られたたため東京に避難した宋耀如が長女・靄齢の婿に選んだ。

中央銀行総裁、国民党行政委員長などを歴任。宋美齢が米国から得た軍事援助の横流しや、株式のインサイダー取引に絡むなど、黒い噂があった。

彼の住宅は、虹口多倫路250号のイスラム風邸宅など上海市内に幾つも残るが、ここはその一つ。現在は、文芸作品を検閲管理する政府の役所と音楽教室が二分して利用している。何れも一般公開していないが、島根さんの交渉で音楽教室を見せていただいた。品のよい中年婦人が門を開けてくださった。

旧・宋子文邸(現・沙沙餐庁)、東平路9号

宋美齢の兄。米国聖公会の建てた聖約翰大学(St. John’s University)を卒業後、国費留学生としてハーバード大学で学んだ逸材。T. V. Soon として知られる。帰国後はここに住んだ。

彼の住宅は、宋家が蒋介石・宋美齢の結婚祝いとして、隣の現・上海音楽学院中等部事務所と共に夫妻に移譲した。

彼は後に、近くの永嘉路501号に広い前庭をもつ北欧風の邸宅を構えたが、現在上海市老幹部大学となっており一般公開されていない。宋子文は国民党政府財務部長、行政委員長、広東省主席などを歴任した。

旧蒋介石・美齢邸(現・上海音楽院付属中学)、東平路9号

1927年12月、宋美齢が蒋介石と梅龍鎮伊勢丹裏にあった Majestic Hotelで結婚披露宴を挙げると、宋家は二人の結婚祝いの新居としてこの邸宅を贈った。蒋介石は大変気に入って、この庭園住宅を愛盧(愛の庵Love Cottage)と呼んで、彼が設立した南京国民政府に勤務する傍ら、上海別荘として利用した。なお園内には、三姉妹の長女・靄齢の夫・孔祥熙の住宅も残っている。

見学の女性陣より、「こんな豪邸を結婚祝い!?!いいなー」の声。それ程の超豪邸である。

中は音楽教室に改装されており、窓から覗くだけであるが、豪邸の面影が偲ばれる。2階テラスからの広いお庭の眺望はさぞかし素晴らしかったことであろう。

宋慶齢故居(宋慶齢記念館)、淮海中路1843号

上海歴史探訪 第二回 「宋家三姉妹の跡を訊ねる」

ドイツ人海運業者の別荘として建てられたが、1945年蒋経国の住宅となり、1948年蒋介石から宋慶齢に贈られた。慶齢は1963年北京に移住し、人民代表大会常務委員会副委員長に就任するまで、ここに住みつづけた。その清楚な住宅は、慶齢の人柄が偲ばれる。

今も、ほとんどそのままに残されており、保存に気を使っている。見学は一度に15人ずつ切って、靴カバーを着けて案内される。美人がそれぞれについて丁寧に説明してくださるが、説明が中国語だけというのが残念である。

上海歴史探訪 第二回 「宋家三姉妹の跡を訊ねる」

数年前に、門の横に記念博物館ができたが、これはおまけ。博物館正面の、宋慶齢の白い石像は後で見る宋慶齢陵園内のそれのミニチュア版か?

宋慶齢陵園、宋園路21号

宋慶齢は1981年5月29日、北京で白血病のため死去すると、故郷上海の万国公墓内の父母の墓の隣に葬られた。そこは宋慶齢陵園と改名された。陵園内には、慶齢の記念館、彫像、記念碑の他に、内山完造やカドウーリ一家の宗主・Elly Kadoolie 等外国人の墓も多数ある。

皆さんが不思議に思ったのは、赤い字で書かれている宋家の墓碑銘である。

日本も中国も、生前にお墓を作ると墓碑銘は赤字で表し、亡くなって葬られると黒字に直すのである。書かれている方の全てが既に亡くなられていると思うのだが、何故未だ赤字なのか?島根さんはじめ皆さんの宿題である。

宋公館(上海宋慶齢基金会)、陝西北路369号

上海歴史探訪 第二回 「宋家三姉妹の跡を訊ねる」

当初宋一家は虹口東余杭路530号(三姉妹の生家)に住んだが、1918年父親の宋耀如が亡くなると三姉妹はここに移転し、各々結婚するまで住んだ。三姉妹の生家は浦東川沙城内史第と言われてきたが、近年東余杭路の間違いであることが判明した。

タクシーでこの前をいつも通っていたのを思い出した。何か由緒のありそうな屋敷だなあとは感じていた。黒くて高い柴垣で、外からの視界を遮断しているのが惜しい。

沐恩堂(旧・中西女塾址・McTyeire Girl’s School)、西蔵中路316号

中西女熟・McTyeire Schoolは、1892年設立の当時最大規模の女子学校。教師は全員外国人で授業は英語で行なわれた。宋家三姉妹の父親・宋耀如もここで日曜学校の教師をしていた。三人姉妹は揃って幼年よりここで教育を受け、米国留学へと旅立った。現在この学校は江蘇路に移転し、名門上海市第三女子中学校となっている。址には現在Moore’s Memorial Church・沐恩堂が建つ。

人民広場の真横、買い物客や観光客で賑やかな所で、この教会だけひっそりと建っており、なんとなく旧制女子英語中学の面影を残している。そんな記述は何処にも無く、往来客の誰もが興味も無い様子だが、今はそれもいた仕方ないか。

まとめ

上海歴史探訪 第二回 「宋家三姉妹の跡を訊ねる」

三姉妹の晩年は政変により分裂したが、そろって長寿であり、未亡人時代が長い。特に美齢は2005年アメリカにて106歳で亡くなられた。人生の大半が未亡人である。西安事件で有名な張学良がその顛末を出版したかったそうだ。宋美齢に遠慮し、彼女が死んだら出そうと思っていたがまさか100歳過ぎまで生きているとは思わず、出版できないまま先に亡くなったのは有名な話。彼が何を書きたかったのか、今は知る由も無い。姉妹兄弟が大陸中国の共産党と、台湾の国民党に分かれた真ん中にいた張学良の、裏の声を聞きたかったものである。暑く、疲れた半日であったが、充実した半日でもあった。

次回も期待されます。

上海(SBF)カテゴリの最新記事