オーデイオを楽しむための環境

オーデイオを楽しむための環境

第3回

今回はオーデイオを楽しむための環境についてのお話です。

さてスピーカーや機材をきちっとセッティングしたらあとはゆっくり音楽を聴くだけです。座って聴くわけですから椅子も大事なアイテムです。リスニングチェアなどと銘打った音楽視聴専用の椅子もあります。各家具メーカーが出しています。特に専用のリスニングルームがある場合は必需品です。なにしろ二時間くらいは座りっぱなしですから。

私もノルウェー製のをもっていますがしっかりしたつくりで本皮の手入れさえ手を抜かなければ長期使用が可能です。飛行機のファーストクラスの椅子のような感じで背もたれがフルリクライニングします。自分の好きな角度に調整しお酒を飲んだりうとうとと居眠りをしたりしながら音楽に包まれることが出来ます。

昔というかオーデイオ全盛期には六畳一間に巨大なスピーカーをいれて畳に直接座って至近距離でジャズを聴くなどというのも主流でしたが現在はこのスタイルは少なくなりました。住宅事情のよい中国には皆無かもしれませんね。

更にCDやレコードが増えてくると散らかって乱雑な状況が生まれることがよくあります。これを解決するには家具調のセンスのいいCD収納ラックを導入するといいです。

すぐに自分の聴きたいCDが見つかりますし間違って同じCDを買ってしまう事故を未然に防ぐことができて一石二鳥です。

さらに照明も大事なアイテムです。もちろん間接照明で独立したスタンドがいいです。よくホテルの部屋の片隅に置いてあるあれです。ほんのり暗くして音楽に集中できます。ステンドグラスも合います。私は友人で趣味で作っている人からもらったのを飾っています。

また音楽を聴きながら考え事をするのもいいものです。皆さんも体験されたことがあると思いますがある特定の音楽を聴くとそのとき時代にタイムスリップしたような体験ができるときがあります。

学生時代に友人と旅行したときのことですが クルマで聴いていた音楽などを聴くとそこの場所を走っている風景がまざまざと現れることがあり懐かしいものです。そういう懐かしい体験をしたいときこそ家族に邪魔されず一人になりたいものです。

適度な空調も大事です。

実は夏場はエアコンのファンの音がうるさいのです。特に部屋の中に室内機が取り付けられている場合はけっこうな騒音です。なかにはものすごく静かなエアコンもあり 熱烈なマニアは視聴室の空調を屋根裏に設置し空気口から冷風と温風が来るタイプにしている恵まれた人もいます。

私は冬場がオーデイオシーズンとしてはベストと思っています。なぜなら冬場は静かでから。暖房も昔なつかしの石油ストーブです。これが一番です。さらに冬場はインドアの趣味に適した時期ですし。空気清浄機もファンレスの静かなものがあるといいですね。

読書しながら好きなカメラを磨きながら好きな鉄道模型を眺めながらなど各人がいろいろとその視聴室にこもって趣味に没頭することができます。実は視聴室は趣味の部屋なのです。オーデイオセット以外に書棚 趣味のものの棚 書斎として使えるような小さな机 などもいれましょう。

男の城といった感じですが一人になりたいことありますよね。もともと趣味は人に見せるものではなく自分のためのものですから。

せっかくです。環境にも投資し充実した時間を過ごしましょう。

オーディオコーナーカテゴリの最新記事